日本製鉄広畑 右横手から最速156キロ右腕の前川哲 3者連続三振で1回2/3を無失点

[ 2021年7月10日 05:30 ]

第46回社会人野球日本選手権2回戦   日本製鉄広畑1-6東邦ガス ( 2021年7月9日    京セラD )

<日本製鉄広畑・東邦ガス>8回から登板する日本製鉄広畑・前川(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 日本製鉄広畑は、右横手から最速156キロを誇る前川哲が1回2/3を無失点。8回はこの日の最速152キロを中心に3者連続三振を奪った。

 「初めてのドーム球場ですごく緊張した。球速はもっと出したかった」。

 新潟産大付からBCリーグの新潟入りし、6年間プレー。野球を辞めることも考えていたが、浜口直也監督の誘いで移籍した。指揮官は「今年一番の出来だった。これからが楽しみな投手」と期待を込めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月10日のニュース