巨人・横川、粘投も援護なくプロ初黒星…今季初登板初先発で5回2失点、プロ初安打も出た

[ 2021年5月28日 05:30 ]

交流戦   巨人0ー2楽天 ( 2021年5月27日    東京D )

<巨・楽>5回2失点の好投を見せた巨人の先発・横川(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 今季初登板初先発した巨人の高卒3年目左腕・横川が5回2失点と好投。3回には中前へプロ初安打を放ち、投打で存在感を示したが、打線が3安打で零敗と援護がなくプロ初黒星を喫し「最後の最後で甘くなった。反省を踏まえて今後につなげたい」と話した。

 4回に茂木に先制ソロを浴び、5回には大阪桐蔭の先輩・浅村に右前適時打を許した。ただ、6三振を奪う力投に原監督は「期待通りのピッチングをしてくれました」と評価。来週の6月3日西武戦も先発する見込みだ。

 28日からはソフトバンク戦。19、20年の日本シリーズで4連敗を喫し、オープン戦を含めて12連敗中の相手に指揮官は「もう黙って勝負します」と表情を引き締めた。(田中 健人)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月28日のニュース