阪神3年目の斎藤がプロ初勝利 「キナ・チカ世代」の右腕「ありがたい気持ちでいっぱい」

[ 2021年5月28日 22:29 ]

交流戦   西武7ー10阪神 ( 2021年5月28日    メットライフD )

<西・神(1)>プロ初勝利を飾り、矢野監督(左)と記念撮影をする阪神・斎藤(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 5番手で登板した阪神・斎藤がプロ初勝利をマークした。2点劣勢の8回を無安打無失点の好投。直後に佐藤輝の1試合3本目となる勝ち越し3ランが飛び出すなど5得点で逆転に成功し、記念の白星が転がり込んだ。

 「シーズン初登板だったので0点に抑えることを目標にした。プロ初勝利は野手のみなさん、チームのみなさんのおかげ。本当にありがたい気持ちでいっぱいです」

 近本、木浪らと同期入団の3年目右腕は「近本、木浪が先に活躍して、嬉しい思いも悔しい思いもあったけど、同じラインに立てたのが嬉しい。ウイニングボールは家族に渡します」と白球を握りしめた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月28日のニュース