5月の近本は止まらない リードオフマンが4回に2本目の適時打を放ち、阪神がリード広げる

[ 2021年5月16日 15:30 ]

セ・リーグ   巨人ー阪神 ( 2021年5月16日    東京D )

<巨・神(9> 4回2死二塁、適時二塁打を放ちポーズを決める阪神・近本(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神・近本がまたしても勝負強さを見せた。

 「すごくいい流れでしたし、その流れに乗って打つことができました。しっかり援護することができてよかったです」

 同点で迎えた4回。陽川の2ランで勝ち越し、なおも1死一塁。アルカンタラがこの日2つめとなる犠打で2死二塁とすると、近本が3球目136キロカットボールを捉え、中越適時二塁打を放った。

 3回にも同点の適時打を放っており、この1本で早くも3安打。続く糸原の適時打で生還し、6点目のホームを踏んだ。

 試合前まで5月の月間打率・378と好調の虎の切り込み隊長がまたしても躍動した。
 

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月16日のニュース