コロナ陽性の日本ハム・荒木投手コーチの隔離期間終了

[ 2021年5月16日 10:57 ]

日本ハムの荒木大輔投手コーチ
Photo By スポニチ

 日本ハムは16日、新型コロナウイルスの陽性判定を受けていた荒木大輔投手コーチが、札幌市保健所の指示による隔離期間を終了したと発表した。

 チームはここまで14人の新型コロナウイルスの陽性者を出し、札幌市からクラスター認定を受けていたが、西川や濃厚接触者と判定されていた浅間、渡辺が既に試合復帰。札幌市から14日にクラスターが収束したと15日付けで発表されていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月16日のニュース