阪神・糸原が途中交代 アクシデント発生か 初回に右肘上部に死球を受ける

[ 2021年5月16日 15:46 ]

セ・リーグ   巨人ー阪神 ( 2021年5月16日    東京D )

<巨・神(9)> 4回2死二塁、阪神・糸原は中前適時打を放ったが…(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神の糸原健斗選手が5回の守備からベンチに退いた。アクシデントとみられる。

 糸原は初回無死一塁で今村の直球が右肘の上部付近に直撃。痛みに顔をゆがめたが出場を続け、4回2死二塁では戸根に対して1ボール2ストライクから中前適時打。「追い込まれていた中で、食らいついて打つことができました」とコメントしていた。二塁の守備には山本が就いた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月16日のニュース