阪神・伊藤将 悪夢の被弾でプロ初黒星「悔やまれる1球」糧にやり返す

[ 2021年5月16日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神3-5巨人 ( 2021年5月15日    東京D )

<巨・神>初回、岡本和を二直に打ち取った伊藤将(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 ある意味、プロの厳しさを初めて知った。節目の一戦の先発を担った阪神ドラフト2位・伊藤将は勝利投手の権利まで、あと1死、いや、あと1球からスモークに逆転を許す手痛い一発を浴びると、悔しそうに唇をかんだ。

 「一番長打を避けなければならないところで勝負球が甘く入ってしまい、悔やまれる1球となった」

 3―2の5回。簡単に2死を奪ったが、丸、岡本和に連打を許し2死一、三塁とされるとスモークにフルカウントから甘いカットボールを虎党が陣取る左翼席に運ばれた。初対戦となった2回の対峙(たいじ)では変化球中心の配球で最後はチェンジアップを左前打されていた。ここでは直球中心に攻め、得意のカットボールで打ち取りにいったのだが、勝負どころで持ち味である制球力に狂いが生じた。

 巨人と前回対戦した4月7日は7回1失点でプロ初勝利。そこから無傷の3連勝まで白星を重ね、迎えた一戦。勝てば、球団の新人左腕では54年の山中雅博(5連勝)と栄屋悦男(4連勝)以来となるデビューからの4連勝だったが、6回を投げ、ともに自己ワーストなる被安打9、5失点でプロ初黒星を喫した。

 プロ入り後、東京ドームは初見参だったが、昨年はJR東日本の主戦として都市対抗に出場し2試合登板で防御率1・68と躍動した思い出の場所だっただけに、なおさら悔いが残った。矢野監督は「球も高かったし、コントロールもちょっと定まっていない感じはあった。2アウトまで行っての3点なんで、ちょっともったいない」と期待するからこそ、あえて苦言を呈した。

 「そこ(本塁打となった1球)をしっかり反省して次回の登板につなげていきたい」

 やられたらやり返すだけ――。敗戦を糧に新たなスタートを切る。(長谷川 凡記)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月16日のニュース