西武・若林が躍動2安打2盗塁 佐々木朗の初回初球を左前打も…令和の怪物への熱気に驚がく

[ 2021年5月16日 21:06 ]

パ・リーグ   西武6―6ロッテ ( 2021年5月16日    ZOZOマリン )

<ロ・西9>初回無死、佐々木朗から左前打を放つ若林(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武のドラフト4位・若林楽人外野手(23=駒大)が「1番左翼」で先発出場し、2安打1打点2盗塁と躍動した。

 初回先頭の第1打席では、注目の佐々木朗の初球、151キロの直球を左前打。「球種は張らずに、うまく打つことができました。常に初球から狙っていますので」と胸を張り、二盗も決めた。3回無死二塁では中前適時打。またも二盗に成功に成功し、リーグトップの盗塁数を16まで伸ばした。

 注目の右腕から結果を残したリードオフマンだったが、ファンの熱気に驚いた様子。「あれくらいファンの歓声をもらえるような、自分もそんな選手になれたらと思います」と令和の怪物から刺激を受けていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月16日のニュース