×

中日・大野雄、負の流れを止める! 首位阪神を警戒も「ホームゲームは絶対取っていかないと」

[ 2021年4月26日 14:19 ]

<中日投手指名練習>キャッチボール中、笑顔をみせる大野雄(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 首位叩きで連敗ストップだ。中日・大野雄がバンテリンドームで行われた先発投手練習に参加。27日の阪神戦に先発予定で、3連敗中のチーム状況を踏まえ「ズルズル行かないように。ホームのゲームは絶対取っていかないと」と負の流れを止める覚悟だ。

 首位を走る阪神は、チーム打率、総得点、本塁打すべてリーグトップと打線が好調。それだけに「ほんまに打つ。その打線を抑えていかないと。長打もあるし、最大限気をつけないと」と警戒心を強めた。

 嬉しい知らせも白星への原動力だ。かつてチームメートだったチェンが29日の3戦目で先発予定。開幕前に連絡を取ったことを明かし、投げ合った場合は「僕、絶対にヒット打つんで」と伝えると「打たさねーよ」と返事が返ってきたという。今カードの投げ合いは実現しないものの「すごく楽しみ。注目して見たい」と先輩左腕の移籍後、初登板を心待ちにしつつ、まずは自身の白星、チームの勝利を最優先にマウンドへ上がる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年4月26日のニュース