日頃の感謝を込めて オリ吉田正らアンダーアーマー契約選手が「母の日」にピンク色の特別アイテム使用

[ 2021年4月26日 13:10 ]

母の日にオリックス・吉田正が使う予定のピンクのグラブ
Photo By スポニチ

 オリックス・吉田正尚外野手(27)が母への思いを込め、特別仕様のアイテムを身につけて試合に臨む。

 アンダーアーマー日本総代理店の株式会社ドームが5月9日の母の日に特別企画「アンダーアーマー・マザーズデー」を実施。当日は吉田正はじめ、アンダーアーマーと契約するソフトバンク・松田宣浩内野手(37)、柳田悠岐外野手(32)今宮健太内野手(29)、DeNA・山崎康晃投手(28)の5選手が母の日仕様のピンクを基調としたグラブ、バットなどを使用。試合後にオンライントークライブ(ソフトバンク選手は事前収録による出演を予定)に参加し、アイテムをチャリティーオークションする。

 トークライブは5月9日午後8時からアンダーアーマー公式YouTubeチャンネルにて開催。ライブと連動した形でチャリティーオークションを行う。東日本大震災発生から10年。オークションの収益は全額、東北のお母さん達を応援するプロジェクトに寄付する。詳細は電話0120(106)786 ドームカスタマーセンターまで。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年4月26日のニュース