巨人 8回、6点差追いつくも痛すぎる敗戦で3位転落 原監督、スモークとテームズの1軍昇格明言

[ 2021年4月26日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人8―9広島 ( 2021年4月25日    東京D )

<巨・広>9回2死、空振り三振に倒れた岡本(左端)。 敗戦に言葉を失う巨人ナイン(撮影・西川 祐介)
Photo By スポニチ

 開幕から好調を維持した投手陣が最初の踏ん張り時を迎えた。今季最多16被安打で9回に勝ち越され2連敗。巨人・原監督は「しかし、ちょっと打たれすぎ。点を取られすぎた」と振り返った。

 試合前、前日4回0/3を4失点の戸郷を2軍で再調整のため抹消。前日は右肩違和感でサンチェスが離脱した。期待された今村だが5回途中3失点で降板。2番手の平内も6回1死から3連打されて降板し一挙5失点の呼び水となった。原監督は新人右腕に「高い壁になったかな。ハードルが高かったかもしれない」と語った。

 一方、打線は8回、一時6点差を追いつく爆発力を見せた。さらに指揮官が「スタンバイということで。(コンディションに)変わりがなかったら合流する」とメジャー通算計292発の新外国人、スモークとテームズの1軍昇格を明言。次戦27日ヤクルト戦(神宮)から厚みが増す。

 ナイターでヤクルトが勝ったため、ゲーム差なしの3位に転落した。緊急事態宣言を受け、今週は2試合が延期されて4試合。今度は打線が支え、整備を図る投手陣を援護する。(神田 佑)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月26日のニュース