【ファーム情報】ウエスタン個人成績 広島・正随が首位打者 オリックス・東は勝利&奪三振の2冠

[ 2021年4月26日 16:52 ]

広島・正随
Photo By スポニチ

 ウエスタン・リーグは上位3チームが1・5ゲーム差にひしめく混戦。首位は15勝10敗1分けのソフトバンクで2位・中日、3位・広島の並び。個人成績は以下の通り。

 ◇打撃成績 正随(広島)が好成績を残している。打率・329がトップで3本塁打は3位、17打点も2位だ。本塁打トップはリチャード(ソフトバンク)の6本、2位がメヒア(広島)の4本。リチャードは19打点もトップで2冠。盗塁は羽月(広島)が10盗塁で独走。

 ◇投手成績 オリックスの育成選手・東が3勝でトップ。東は奪三振も29個で1位。防御率は清水が1・57、梅津が1・78と中日勢がワンツーの位置にいる。セーブ数は一岡(広島)、奥村(ソフトバンク)、中田(オリックス)が3。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年4月26日のニュース