広島 高卒2年目左腕・玉村が1軍合流 DeNA3連戦であるぞ初登板初先発

[ 2021年4月26日 12:49 ]

投手練習に参加し、マツダスタジアムのマウンドで試投する玉村
Photo By スポニチ

 広島・玉村昇悟投手(20)は26日、1軍に初合流し、本拠地マツダスタジアムでの投手練習に参加した。

 玉村は、高3夏に福井大会で5試合52奪三振の新記録を樹立し、19年ドラフト6位で入団した高卒2年目左腕。昨季は強化指定選手として土台作りに励み、今季はウエスタン・リーグ3試合に先発して2勝0敗、防御率2・12とアピールしていた。

 22日のヤクルト戦に先発した遠藤が3回3失点で降格。29日のDeNA戦の先発が空白となっている。

 ◇玉村 昇悟(たまむら・しょうご)2001年(平13)4月16日生まれ、福井県越前町出身の20歳。宮崎小4年から「宮崎ファイヤーズ」で野球を始める。宮崎中では軟式野球部に所属。丹生では1年春の県大会から背番号17でベンチ入りし同秋からエース。高3夏は県大会決勝で敗退。50メートル走6秒5。1メートル77、77キロ。左投げ左打ち。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年4月26日のニュース