Dバックスの先発2人がダブルヘッダーで快投 バムガーナーは7回無安打無失点

[ 2021年4月26日 09:29 ]

ブレーブス打線を7回無安打無失点に抑えたダイヤモンドバックスのバムガーナー(AP)
Photo By AP

 ダイヤモンドバックスは25日、敵地アトランタ(ジョージア州)でブレーブスとのダブルヘッダー(7イニング制)に臨んだが、第1試合ではメジャー3季目のザック・ギャレン(25)が83球を投げて1安打完封で今季初勝利。第2試合ではジャイアンツ時代を含めて通算121勝を挙げている左腕のマディソン・バムガーナー(31)が、打者21人に対して98球を投げ、無安打無四球で完封し、今季2勝目を挙げた。許した走者は、遊ゴロ失策による1人(次打者が併殺打)だけだった。

 7イニング制の無安打完封はノーヒット・ノーランとは認められないため幻の記録となってしまったが、ダイヤモンドバックスは第1試合を5―0、第2試合を7―0で制して11勝11敗。ここ7戦では6勝目を挙げた。

 敗れたブレーブスは連敗で9勝12敗。チーム打率はナ・リーグ9位の・228だったが、この日のダブルヘッダーではわずか・024だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年4月26日のニュース