大谷 2試合連続本塁打でエ軍5割復帰! ホームランダービートップに並ぶ

[ 2021年4月26日 06:46 ]

ア・リーグ   エンゼルス4―2アストロズ ( 2021年4月25日    ヒューストン )

アストロズ戦の8回、7号本塁打を放ったエンゼルス・大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、ヒューストンでのアストロズ戦の8回に2試合連続となる7号ソロ本塁打を放った。この一発でエンゼルスは4連敗でストップ。勝率を5割に戻した。

 「2番・指名打者」で出場した大谷は、見逃し三振、三ゴロ、中飛で迎えた第4打席で、アストロズ3番手のガルシアから2球目を中堅へ運んだ。2―2の同点での場面で放った勝ち越し本塁打は、両リーグトップに並ぶ一撃で、大谷は一塁ベースを回ると左腕を突き上げ、喜びを表現した。9回の5打席目は空振り三振に終わった。5打数1安打1打点で打率2割8分6厘。

 大谷の本塁打で再度リードしたエンゼルスは9回にも1点を加え、4―2で勝ち、連敗を4で止めた。

 大谷は前日24日のアストロズ戦でも4回に6号ソロを放ち、8回には大リーグで初めて左翼の守備に就いた。26日(同27日)のレンジャーズ戦では今季3度目の先発予定。18年10月の右肘手術以来、3年ぶりの白星を目指す。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月26日のニュース