清原和博氏 本当はFAで阪神に行くはずだった 決断変えた母からの一言

[ 2021年4月13日 07:22 ]

清原和博氏
Photo By スポニチ

 元プロ野球選手の清原和博氏(53)が、12日深夜に放送されたカンテレの「こやぶるSPORTS超」(月曜深夜0・50)に出演し、フリーエージェント(FA)宣言した際の、巨人と阪神の獲得合戦の裏事情を明かした。

 96年オフに、29歳で人生の決断を迷ったという清原氏。これに対して、MCの小藪千豊(47)は「噂では、阪神の方が提示した金額が多かったとささやかれているが」と質問すると、清原氏はキッパリ「そうですよ。ジャイアンツの10倍ですよ」と明言。「10倍!」と小藪も仰天し、決め手は当時巨人の長嶋茂雄監督から「思い切って、僕の胸に飛び込んできてほしい」とのメッセージがあったことを清原氏は認めたが、一方で「長嶋さんも大きかった」としつつ、もう一人の要因として母親を挙げた。

 「母親の存在ですね。はっきり言って、僕はその時、阪神に行く方に固まっていたんですよ」と告白。ところが、母・弘子さんに阪神に行くことを伝えると、「あんた、何言うてんの。あんた、また阪神に行って、巨人に勝って、ピーピー泣くんか。あんたの夢、なんやったんや」と諭されたといい、清原氏は「巨人に行くわ」と決断を変えたという。

 清原氏の獲得に熱心だった阪神は、交渉場所のホテルにレッドカーペットを敷き、スイートルームを確保するなど至れり尽くせりで、清原氏は「それだけ希望してくれているし、地元大阪でもありますし、お父さんが阪神ファンでもありましたから」と、一時決めていた理由を説明。それでも、今でも決断について考えることがあるといい、「俺、阪神に行っていたらどうなっていたんやろな、と、今でもありますね」と大きな決断だったことを明かしていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月13日のニュース