オリ、開幕16試合目でやっと初めての2桁安打 田嶋も今季初白星で連敗止めた

[ 2021年4月13日 21:34 ]

パ・リーグ   オリックス7ー4ソフトバンク ( 2021年4月13日    ペイペイD )

<ソ・オ>初回から失点し、グラブを投げながらベンチに戻るオリックス・田嶋(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 オリックス・中川のバットが不名誉な記録目前のチームを救った。3ー1とリードした8回1死満塁の好機。カウント1ー1から放った一撃が、センターの頭上を越えていく。2走者が生還する適時打はチーム10本目のヒット。開幕から続いた連続1桁安打試合を「15」で止め、1961年の近鉄が持つパ・リーグワースト記録「16」に並ぶのを阻止した。

 投げては、田嶋が力投。初回に先取点を許したものの、2回以降は完全に立ち直り、7回1死一塁でマウンドを降りるまで圧巻の1安打投球。今季初白星を挙げた。

 チームは連敗を2でストップ。敵地で昨年の日本一チーム相手に演じた「快勝劇」が、反攻の合図となる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月13日のニュース