中日・大野雄が初回にいきなり失点 後続のピンチを断ち、今季初勝利を目指す

[ 2021年4月13日 18:15 ]

セ・リーグ 巨人ー中日 ( 2021年4月13日    東京D )

<巨・中>初回無死一、三塁、中日・大野は梶谷に先制適時打を許す(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 中日の先発・大野雄が1死も取れないうちに先制点を許した。

 立ち上がり、先頭・松原に粘られ四球で歩かせると、続く坂本に右前打を許し無死一、三塁とピンチを広げた。さらに梶谷には高めに浮いたスライダーを中前へ運ばれ、三塁走者の松原が生還。

 それでも4番・岡本を空振り三振に仕留めると、大城を二ゴロ併殺に打ち取り、許した失点はこの1点だけ。大量失点を防ぎ、不安定な立ち上がりを1失点で切り抜けた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月13日のニュース