【ファーム情報】ロッテは井上が今季1号 大勝で12連勝 ヤクルトはサヨナラ勝ちで8連敗でストップ

[ 2021年4月13日 17:10 ]

 プロ野球のファームは13日、広島―中日戦(由宇)が雨天中止。ナイターを含めて4試合が行われた。

 ロッテはDeNA戦(ロッテ浦和)で16安打を放って11―3で大勝。連勝を「12」に伸ばした。4回に井上が1号ソロ、高部が1号3ラン。加藤が4安打1打点だった。先発の育成選手・佐藤奨は5回9安打3失点で1勝目。DeNAは5回に山下が1号2ラン。先発・ピープルズは2回3安打3失点で1敗目。2番手の育成の新外国人・シャッケルフォードは1回2安打無失点だった。

 ヤクルト―巨人戦(戸田)は延長10回、ヤクルトが3―2でサヨナラ勝ち。連敗を8で止め、開幕戦以来の白星となる今季2勝目を挙げた。9回に同点に追い付き、延長10回2死から松本直が左前にサヨナラ打を放った。松本直は2安打。先発のドラフト1位・木沢(慶大)は5回5安打2失点。巨人先発・桜井は5回5安打1失点だった。

 日本ハムは楽天戦(鎌ケ谷)の9回に4点を奪って逆転サヨナラ勝ち。最後は杉谷が左中間にサヨナラの2点二塁打を放った。清宮、今川が2安打1打点。先発の新外国人・アーリンは1回2安打無失点。楽天先発・釜田は6回2安打1失点。足立が5回に1号ソロ、黒川が7回に1号ソロ、8回に2号2ランと2打席連続アーチを放った。

 オリックスはナイターの阪神戦(京セラドーム)に3―1で勝利。先発の育成選手・東が6回5安打7奪三振1失点で3勝目(1敗)。ドラフト3位・来田(明石商)が3安打1打点をマークした。阪神先発・チェンは7回6安打3失点で2敗目(1勝)。育成選手の小野寺が2安打1打点。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月13日のニュース