虎狩り、任せろ!広島・森下が3連勝なら再奪首の「お得意」阪神初戦に先発「いい流れをつくれるように」

[ 2021年4月13日 05:30 ]

キャッチボールする広島・森下(撮影・河合 洋介)

 広島・森下は再奪首に向け、再びの虎狩りを狙う。今季初登板だった3月30日の同戦は6回無失点で初勝利。昨季4試合3勝0敗、防御率2・25だった相性の良さを継続しながらも、警戒を緩めなかった。

 「つながれての大量失点に気をつけたい。(阪神は)連勝して勢いがある。ここでしっかりと止められるように、チームとしてもいい流れをつくれるようにやっていきたい」

 前回6日のヤクルト戦ではリーグ一番乗りとなる完封勝利を飾り開幕から15イニング連続無失点中。「特に気にすることなく、最少失点で抑えていければいい。絶対どこかで点は取られる。チームが勝てるようにやりたい」

 首位・阪神とは2・5ゲーム差で、今季初の同一カード3連勝となれば首位に浮上する。マツダスタジアムでの投手練習を見守った永川投手コーチは「いまは勝てる試合をつくってくれる先発が多いので、うまくいければ」と、先陣を切る右腕のさらなる快投に期待を寄せた。(河合 洋介)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月13日のニュース