今秋ドラフト候補右腕、亜大・松本健 2安打完封勝利!7Kの快投

[ 2021年4月13日 05:30 ]

東都大学野球第3週第1日   亜大2―0駒大 ( 2021年4月12日    神宮 )

<駒大・亜大>完封勝利を収め、手を上げる亜大先発の松本健(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 1回戦3試合が行われた。今秋のドラフト候補右腕、亜大・松本健吾投手(4年)が、駒大を相手に2安打完封勝利。中大は青学大を9―4で下し、開幕5連勝を飾った。

 亜大の今秋のドラフト候補右腕・松本健が駒大打線を2安打に封じ、2年秋以来の完封勝利を挙げた。最速146キロを計測した直球、ツーシームなどを低めに集め、7奪三振。「自分の投げたいボールを捕手が(サインを)出してくれた。それをしっかり投げられた」。昨秋は巨人のドラフト1位・平内がチームをけん引したこともあり「平内さん以上の活躍ができるようにやっていきたい」と大黒柱の自覚を見せた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月13日のニュース