DeNA 1軍昇格のオースティンは代打で強烈中前打 ソトは空振り三振

[ 2021年4月13日 20:11 ]

セ・リーグ   ヤクルト―DeNA ( 2021年4月13日    神宮 )

<ヤ・D4>8回1死、代打・オースティンが中前打を放つ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 13日に1軍昇格したDeNAのソト、オースティンの両助っ人が、今季初出場した。

 ともにスタメンを外れて迎えた8回、4点を追う1死無走者の場面でオースティンが代打で登場。カウント3―1から139キロの直球を痛烈に中前に運んだ。今季初打席で初安打を放った。

 さらに2死二塁の場面で代打・ソト。高めの直球に空振り三振に倒れた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月13日のニュース