DeNAが今季2度目の4連敗 ソト&オースティンが代打で初出場も、三浦監督「慣れと時間が必要」

[ 2021年4月13日 21:30 ]

セ・リーグ   DeNA1―5ヤクルト ( 2021年4月13日    神宮 )

<ヤ・D(4)>オースティン(右)に声をかけ引き揚げる三浦監督(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 投打に元気なく今季2度目の4連敗。借金は最多の8となり、三浦監督は「悔しい。負けが続いているし、やはり勝ちたい。みんなで色々やっていくしかない」と無念の表情だった。

 1軍昇格した助っ人大砲のソト、オースティンはともにスタメンを外れて8回に代打で出場。痛烈な中前打を放ったオースティンは「打席では少し緊張したけれど、打った感覚は良かった。状態はいい。試合勘を徐々に取り戻したい」。空振り三振に倒れたソトは「チームに合流して試合に出ることができてうれしい」と話した。

 14日の試合も代打待機となることが濃厚。三浦監督は「慣れと、時間が必要かなというところ」とした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月13日のニュース