巨人のメルセデス&ウレーニャがチームに合流 メルセデス「日本に来られたのが一番嬉しい」

[ 2021年4月13日 18:54 ]

巨人・メルセデス
Photo By スポニチ

 巨人のクリストファー・クリソストモ・メルセデス投手(27)とエスタミー・ウレーニャ内野手(21)が13日、チームに合流した。

 2人は新外国人のスモーク、テームズとともに3月29日に来日。2週間の隔離期間を終え、メルセデスは「日本に来られたのが一番嬉しい」、ウレーニャは「早くみんなと一緒に(試合で)プレーしたいです」と喜んだ。

 メルセデスは来日4年目の昨季、先発ローテーション入りし4勝4敗、防御率3・10をマークしたが、シーズン終盤に左肘のクリーニング手術を受けた。再起を誓う今季に向け「巨人のトレーナーさんに聞きながらやっていたので、今は(状態は)100%です」と自信をのぞかせた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月13日のニュース