広島・堂林 8年ぶりの100安打到達 「使ってくれた監督、コーチに感謝したい」

[ 2020年10月23日 05:30 ]

セ・リーグ   広島9-5阪神 ( 2020年10月22日    甲子園 )

<神・広(23)> 初回2死一、二塁、堂林は適時二塁打を放つ (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 広島の堂林が118安打した12年以来、8年ぶりの100安打に到達した。

 初回2死一、二塁から会沢の先制打に続いて右翼線へ適時二塁打。「いい詰まりで、いいところに落ちてくれた。(100安打は)久々なので…。使ってくれた監督、コーチに感謝したい」。

 4回無死一塁で左翼頭上を襲った打球は一塁走者・会沢の判断ミスで左ゴロ。9回無死二、三塁では見逃し三振に倒れ、「最後は悔いが残る。JP(ピレラ)に助けられた」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月23日のニュース