置き土産か 阪神・福留 新人を打撃指導 遠藤「自分の足りないところが分かった」

[ 2020年10月23日 05:30 ]

福留孝介(右)の打撃指導を受ける遠藤成=鳴尾浜球場
Photo By 代表撮影

 今季限りで退団する阪神の福留は、鳴尾浜の残留練習に参加した。

 21日はウエスタン・リーグ、オリックス戦に先発出場したが、この日は2軍本隊に同行せずフリー打撃を約30分実施。その後は遠藤と藤田の新人2人に約2時間、身ぶり手ぶりを交えてアドバイスを送った。

 指導を受けた遠藤は「自分の足りないところが分かった」と感謝していた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月23日のニュース