ロッテ・二木 4回途中で5失点KO 自身7連勝ならず「情けないというか悔しい」

[ 2020年10月23日 22:08 ]

パリーグ   ロッテ2―7オリックス ( 2020年10月23日    京セラD )

<オ・ロ> 4回途中、二木は悔しさを滲ませながら降板する (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 ロッテ・二木がまさかの4回途中5失点KOで、チームも今季初の5連敗を喫し、首位ソフトバンクと9・5ゲーム差となった。

 自身6連勝中と好調な二木だったが、「チームが苦しい状況の中でこういう結果になってしまい、情けないというか悔しいというかそういう気持ちです」と初回に2点を失うと、3回にもT―岡田のソロを浴びるなど、立て直すことができなかった。

 試合後の井口監督も「二木はずっと調子よかったけど、今日は真っすぐの走りがよくなかった。ボールも真ん中に集まっていた」と振り返っていた。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月23日のニュース