ドジャース・シーガー 歴代4位タイPS7号も反撃及ばず

[ 2020年10月23日 02:30 ]

ワールドシリーズ第2戦   ドジャース4-6レイズ ( 2020年10月21日    アーリントン )

<ドジャース・レイズ>レイズに惜しくも敗れたドジャース(AP)
Photo By AP

 ドジャースはシーガーがPS記録を射程圏に捉えた。3点を追う8回先頭で中越えソロ。今年のPS7本塁打目となり、02年バリー・ボンズ(ジャイアンツ)、04年カルロス・ベルトラン(アストロズ)、11年ネルソン・クルーズ(レンジャーズ)の8本に次ぐ歴代4位タイに浮上した。

 しかし、チームは4番手のメイが1回1/3を4安打3失点と崩れるなど打ち込まれて敗戦。デーブ・ロバーツ監督は「レイズはとても良いチーム。投手も守備も良く、打線もタフだ。彼らに勝つために私たちは良いプレーをしなければいけない」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月23日のニュース