ロッテ・藤原 プロ2度目猛打賞も 今季初4連敗で3位・西武に3差 井口監督「まだ3ゲームある」

[ 2020年10月23日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ4-7西武 ( 2020年10月22日    メットライフD )

<西・ロ>メットライフドームでの最終戦を終え、ファンあいさつし引き揚げるロッテナイン
Photo By スポニチ

 ロッテは尻に火がついた。今季初の4連敗で3位・西武に3ゲーム差に迫られ、井口監督は「(西武に)3連敗すればゲーム差が縮まるのは当然。まだ3ゲームある。切り替えてやるしかない」。得点源であるマーティンが左足関節捻挫で登録抹消。今季初めて純国産打線で臨んだが、角中、田村もコンディション不良でスタメンを外れた。

 1番・藤原がプロ2度目の猛打賞も大量リードをはね返せず。指揮官はマーティンについて「シーズンの最後とか、CSに行ければ間に合ってほしい」と願った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月23日のニュース