東京D入場制限緩和へ 3密回避技術導入し実証実験検討 ハマスタでも実施

[ 2020年10月23日 05:30 ]

東京ドーム
Photo By スポニチ

 西村康稔経済再生担当相は22日の記者会見で、東京ドームで開催される巨人戦で、観客の「3密(密閉、密集、密接)」回避などを促す技術の実証実験を検討していると明らかにした。入場制限を緩和する際の判断材料にする。

 東京ドームを本拠地とする巨人の球団運営会社が提案した。高精細のカメラで観客の動きを分析し密集が確認されれば回避するよう呼び掛ける仕組みを導入。感染リスクを下げられるかどうかを調べる。横浜スタジアムでも今月30日から3日間、DeNAや神奈川県が実施する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月23日のニュース