巨人・岡本、守備でも魅せた!鋭い打球を好捕、膝ついたままノーバン送球 スタンドどよめく

[ 2020年10月23日 19:28 ]

セ・リーグ   巨人―阪神 ( 2020年10月23日    東京D )

巨人・岡本
Photo By スポニチ

 本塁打、打点部門でリーグトップをいく巨人・岡本和真内野手(24)が成長著しい守備でも魅せ、スタンドのどよめきを誘った。

 リーグ連覇への優勝マジック6で迎えた阪神戦(東京D)に「4番・三塁」で先発出場。丸のバックスクリーン弾などで2回に3点先取した直後の3回、先頭・熊谷の鋭い当たりを好捕すると、右膝をグラウンドについたまま一塁へノーバウンド送球を見せ、見事アウトに取った。

 今季目標の一つにゴールデングラブ賞を挙げている若き主砲。現在26本塁打で並ぶ大山(阪神)とのキング争いだけでなく、守備での貢献も見逃せない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月23日のニュース