ソフトバンク12連勝なるか 4回松田宣の中犠飛で先制 グラシアルがヘッスラで生還

[ 2020年10月23日 19:24 ]

パ・リーグ   ソフトバンク―西武 ( 2020年10月23日    ペイペイD )

<ソ・西>4回1死二、三塁、中犠飛を放つ松田宣(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクが4回に先制した。先頭のグラシアルが四球、1死から明石が右前打し、守備の乱れもあって1死二、三塁の好機を築き、松田宣が中堅へ飛球を放ち、三塁走者のグラシアルがヘッドスライディングで生還した。

 ソフトバンクはこの試合まで11連勝中。05年6月から7月にかけて記録した15連勝以来の大型連勝で、3年ぶりのリーグ優勝へ加速している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月23日のニュース