【運命を待つドラフト候補】履正社・内 10球団が注目する潜在能力の高さ「2、3年後にはローテに」

[ 2020年10月23日 05:30 ]

ドラフト指名を待つ履正社・内

 プロ野球ドラフト会議は26日に開催される。新型コロナウイルス感染拡大の影響でアピール機会が減少する中、運命の時を待つ候補選手を紹介する。今回は、2018年の大阪桐蔭以来、同一校から4人指名を待つ履正社・内星龍投手(18)。

 野手と投手で異なるが、潜在能力の高さでは小深田に劣らないのが148キロ右腕の内だ。10球団から調査書が届いており「緊張感はありません。してもしょうがない」と鋼のメンタルで指名を待つ。

 公式戦登板は今夏の大阪大会における2試合のみ。実績こそ少ないが、伸びのある直球と140キロ台のスプリットは威力があり、伸びしろも十分だ。「2、3年後にはローテーションに入りたい」と理想を掲げる。

 4人同時に指名されれば、最大のライバルである大阪桐蔭の18年に並ぶ。「僕らは仲良くなって、ライバルとして切磋琢磨(せっさたくま)して伸びていったと思う。全員がかかれば、それが一番いい」と勢ぞろいの瞬間に思いをはせた。

 ◆内 星龍(うち・せいりゅう)2002年(平14)4月24日生まれ、大阪府吹田市出身の18歳。小2から寺内メッツで野球を始め投手。南千里中時代は北大阪ボーイズでプレー。履正社では1年夏にベンチ入り。3年夏の交流試合で甲子園出場。1メートル90、88キロ。右投げ左打ち。

 《履正社で4人指名待つ》今回のドラフトで、履正社からは小深田大地、関本勇輔、田上奏大、内星龍の4人が候補選手に挙がる。同一年度のドラフトで同じ高校からの大量指名は4人が最多で、18年の大阪桐蔭まで5度。大学、社会人チームを含めた全体で4人以上は同じく18年の東洋大4人まで24度。最多は5人で4度あり、最新は05年大学生・社会人ドラフトのNTT西日本で岸田護(オ・3巡目)、藤井淳志(中・3巡目)、脇谷亮太(巨・5巡目)、斉藤信介(中・6巡目)、山崎隆広(楽・9巡目)が指名されている。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月23日のニュース