阪神・原口 愛娘誕生を自ら祝う3打点 「頑張っている姿を娘に見せられるように」を有言実行

[ 2020年9月28日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神9-3ヤクルト ( 2020年9月27日    神宮 )

<ヤ・神(18)>2回無死、原口は左越えにソロ本塁打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 苦しいチームを救い、自身には祝砲となる快音を阪神・原口が響かせた。1―2の2回先頭の第1打席。吉田喜の初球を見事に振り抜き、左翼席に2号同点ソロを放り込んだ。

 「初回先制点を取ってもらって追い越されてしまったので、何とか早く追いつきたい、いい攻撃をしたいと思っていました」

 開幕第2戦の6月20日巨人戦以来の一発。試合前まで打率1割台に沈み、なかなか持ち味が発揮できていなかった中で、ようやく原口らしい豪快な打撃を披露した。

 今月中旬に夫人が第2子となる女の子を出産した。自身も大病を患った経験があるだけに「母子ともに健康で無事に生まれてきてくれたことに感謝して、これからも頑張っている姿を娘に見せることができるように頑張ります」と決意を新たにしていた。

 「モチベーションにもなりますし、いいところを見せられるようにこれからも頑張りたいと思います」

 3―2で迎えた7回1死満塁では長谷川に2球で追い込まれながら、ファウルで粘って三塁線を破る2点打。今季最多の3打点の活躍と、同期の秋山を好リードし、文句なしのヒーローとなった。

 矢野監督は「最高の場面で打ってくれた。打つだけとはフミ(原口)自身、思ってないんでね。アキ(秋山)と一緒に粘れたというところ」と絶賛。梅野が右脇腹を痛め離脱したのに加え、新型コロナウイルス感染の影響で25日に10選手の登録抹消を余儀なくされた。原口には捕手としてだけでなく、ポイントゲッターとしての期待もかかる。2戦連続複数安打を本領発揮のきっかけとしたい。  (山添 晴治)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月28日のニュース