レイズ・筒香 全打席で出塁 三塁守備では2失策で課題も

[ 2020年9月28日 02:30 ]

インターリーグ   レイズ4―3フィリーズ ( 2020年9月26日    セントピーターズバーグ )

2回に四球で出塁し、一塁コーチから祝福される筒香(AP)
Photo By AP

 レイズの筒香が全打席で出塁した。0―1の4回2死二塁で右腕ウィーラーの97マイル(約156キロ)の速球を捉え、同点の左前適時打。その他の打席は敬遠を含め3四球を選んだ。一方で三塁守備では2失策を犯し、課題を残した。

 試合前にアスレチックスが敗れたため、既に地区優勝を決めているチームはア・リーグ最高勝率が決定。試合前のオンライン会見で筒香は「優勝したことは凄くうれしい。素晴らしいチームメートやスタッフと喜び合えた」と笑顔だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月28日のニュース