ソフトバンク カード負け越しも打線は好調 中村晃3安打&グラシアル適時打

[ 2020年9月28日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク4―8ロッテ ( 2020年9月27日    ZOZOマリン )

<ロ・ソ>5回、中前タイムリーを放つグラシアル(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 カード負け越しとなったソフトバンクだが、打線は3試合で15得点。この日もロッテより多い12安打と、振れている。

 中村晃は猛打賞の活躍。2回に先頭で中前打を放つと、7点を追っていた4回には無死満塁から美馬の138キロフォークを捉え、左前適時打。「点差があったので、次につなぐことを考えていました」と冷静に振り返った。

 7回にも左前に運び、3安打。9回1死二、三塁で中飛に倒れたが、前日のマルチ安打に続き、存在感は示している。

 グラシアルは5回無死一、二塁から中前適時打を放った。1ボールからの2球目、真ん中に来た144キロ直球をきれいにはじき返し「センターにいい打球が打てました。ビハインドだったし1点を返せて良かった」。4回にも左前打で好機を演出。5試合連続安打で、25日からのロッテ3連戦で計5安打と状態は上がっている。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月28日のニュース