コロナ禍の阪神2軍 16失点大敗も育成選手が奮闘 石井は無失点&小野寺は2安打

[ 2020年9月28日 05:30 ]

ウエスタン・リーグ   阪神2-16中日 ( 2020年9月27日    ナゴヤ )

阪神の石井
Photo By スポニチ

 コロナ禍で1軍へ選手を10人送り込んだため人員不足に陥る阪神2軍は、ウエスタン・リーグの中日戦で2対16と2試合連続の大量失点で連敗した。前日同様に17人で臨んだ一戦は、野手をすべて使い切り、残ったのは中継ぎ要員の伊藤和ただ1人。苦境が続く平田2軍監督は、懸命に前を向いた。

 「いろんなミスが出たけど、糧にやってくれればいい。成長していくための失敗」

 大敗の中でも小野寺が2安打を放ち、石井が投手陣唯一の無失点と育成選手が躍動。支配下登録へ今月が期限とあって、ハングリー精神がプレーに現れた。平田監督は「0点(に抑えたの)は石井だけやろ。小野寺にしても2桁(の背番号)を諦めてない」と評価。厳しい状況の中で“自力”を付けていく。(遠藤 礼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月28日のニュース