オリックス・モヤ 決勝弾で来季残留を猛アピール 「ガンバルバイ!」

[ 2020年9月28日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス12-8日本ハム ( 2020年9月27日    京セラドーム )

<オ・日(14)>   3回 無死一塁 勝ち越し2点弾を放ったモヤ(右)を迎える(左から)安達、西村 T-岡田     (撮影・成瀬 徹) 
Photo By スポニチ

 オリックスのモヤが3試合連続となる決勝6号2ラン。4―4に追いつかれた直後の3回無死一塁で左腕・加藤の初球スライダーを右翼席へ放り込んだ。

 この日は腰の張りで離脱していたジョーンズが復帰し1安打1打点を挙げるなど外国人枠の競争はし烈。モヤは単年契約で、来季残留へ猛アピールした形だ。お立ち台で並んだ大下を引き合いに、「ガンバルバイ!」と日本語で呼び掛け沸かせた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月28日のニュース