阪神・藤浪は中継ぎに固定 矢野監督「いろいろ台所事情が大変なので」 プロ初の連投は無失点

[ 2020年9月28日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神9-3ヤクルト ( 2020年9月27日    神宮 )

<ヤ・神(18)>小幡(左)を出迎える藤浪(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神の藤浪が、原口にも小幡にも負けない拍手を背に、プロ8年目にしてシーズンでは初めての連投マウンドで躍動した。

 「8回で、途中から行く不慣れさはありましたが、精いっぱい投げることができました」

 先頭の代打・宮本に152キロを2球続けて追い込むと、カウント2―2からの速球で詰まらせて遊直。1番・浜田に中前打を許しても動じない。続く青木は初球の150キロで押し込んで、遊ゴロ併殺打に仕留めた。打者3人12球。まとまった投球で、被弾した前日のリベンジを果たした。

 「秋山さんがつくってくれた良い流れ、いい空気のなかでマウンドに上がれました」

 7回の守備時にブルペン入りすると、三塁側スタンドはたちまちザワめいた。特異な注目度のなかで肩をつくり、安定した投球を披露。今後について矢野監督は「中(継ぎ)で使おうかなと思ってます。いろいろ台所事情が大変なので」と、救援起用を続ける方針を明らかにした。 (巻木 周平)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月28日のニュース