阪神・高橋 29日中日戦先発へ 緊急事態で13連戦突入「チームが勝てるように粘りの投球を」

[ 2020年9月28日 14:04 ]

阪神・高橋
Photo By スポニチ

 あす29日の中日戦に先発予定で13連戦の先陣を切る阪神・高橋は28日、甲子園での投手指名練習に参加。8月25日以来の3勝目に向けて意気込んだ。

 「先頭打者を出さない、ランナーを背負ってからでも粘るという意識を持って投げたいと思う」

 前回22日のDeNA戦では6回3失点で降板。約1カ月白星を手にしていないが「勝ち星がつけば、うれしいですが、まずは13連戦の頭をしっかりチームが勝てるように粘りの投球をしたい」。チームは新型コロナウイルスの集団感染で台所事情が厳しいだけに、より強い覚悟を持って挑んでいく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月28日のニュース