大谷翔平 最終戦は4の1、打撃成績は打率・190、7本塁打24打点7盗塁、投手としては2登板のみ

[ 2020年9月28日 08:31 ]

インターリーグ   エンゼルス0―5ドジャース ( 2020年9月27日    ロサンゼルス )

エンゼルス・大谷翔平(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(26)が27日(日本時間28日)、レギュラーシーズン最終戦の敵地・ロサンゼルスでのインターリーグ、ドジャース戦に「4番・DH」で先発出場。4打数1安打で、チームは0―5で敗れた。大谷のシーズン成績は打者として44試合に出場し153打数29安打、打率・190、7本塁打24打点7盗塁。投手としては再び右肘付近を痛め、2試合のみで0勝1敗、防御率37・80で、打者に専念した。

 この日のツ軍先発は左腕ゴンサレスで、2回無死から二塁内野安打した。右腕メイと対戦した4回1死一塁は空振り三振、右腕バエスと対戦した6回2死一塁は遊飛、右腕ジャンセンと対戦した9回2死からは一ゴロだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月28日のニュース