広島 今季最多の借金13 先発・中村祐、2試合連続の先頭打者被弾は41年ぶり

[ 2020年9月28日 05:30 ]

セ・リーグ   広島1-3DeNA ( 2020年9月27日    マツダスタジアム )

<広・D(20)>1回無死、梶谷にまたもや先頭打者本塁打を打たれぼう然とする中村祐 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島は連敗で今季最多の借金13となった。2点差の惜敗の中で、初回が痛恨。中村祐が献上した先頭・梶谷へのソロが最後まで響いた。

 2試合連続で初回先頭打者に被弾したのは、球団では79年北別府以来、41年ぶり。初回の2失点以降は5イニング無失点と持ち直しただけに、「初回の入りは難しいけど何とかしないと。修正できればもっといい投球ができる」と2年ぶりの白星を逃して悔やんだ。DeNA戦は、4試合を残して2年連続での負け越しが決まった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月28日のニュース