ヤクルト・長谷川 9試合ぶり失点…1死しか取れず5失点 最下位脱出ならず

[ 2020年9月28日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト3―9阪神 ( 2020年9月27日    神宮 )

<ヤ・神>7回途中、降板する長谷川(中央)(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 1点ビハインドの7回に2番手で登板したヤクルト・長谷川が1死満塁から原口に左前適時打を浴びるなど、1死しか取れず5失点。左腕にとって9試合ぶりの失点で連勝は2でストップした。

 高津監督は「リリーフは良いときが続いたり、打たれることが続いたりすることはよくあること。次、頑張ってほしい」と話した。5位・広島がデーゲームで敗れていたため勝てば順位が入れ替わっていたが、最下位脱出はならなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月28日のニュース