西武 今季初同一カード3連勝で4位浮上!浅村封じ成功3戦11タコ7K 松本「気持ちで」3連続奪三振

[ 2020年9月28日 05:30 ]

パ・リーグ   西武6-2楽天 ( 2020年9月27日    メットライフD )

<西・楽>5回2死一、二塁、浅村を空振り三振に仕留め、グラブを叩いて喜ぶ松本航(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 「浅村封じ」――。楽天3連戦で、課せられた使命を西武投手陣が完璧に遂行した。

 「気持ちで負けないように。気持ちを入れて、投げました。結果が三振で、とても良かったです」

 胸を張ったのは、浅村から3連続三振を奪い、7回2失点で4勝目を挙げた松本だ。初回2死、148キロの直球で空振り三振に斬ると、3回2死一塁ではフルカウントから縦のスライダーを振らせた。圧巻は5回2死一、二塁の場面。直球とカットボールで見逃しを奪うと、内角高め145キロのつり球に浅村のバットは空を斬った。

 布石があった。25日の初戦。先発のニールが第1打席で懐をえぐるツーシームを初球から2球続けて投じるなど、まず内角を意識させた。2戦目以降は、一転して、外角中心の配球で組み立て。的を絞らせなかった。

 リーグトップの28本塁打、同2位の86打点を誇る浅村は、前カードのロッテ3連戦で打率・727、4本塁打、9打点。ロッテ投手陣は内角を攻め切れていなかった。西武も今回の対戦前の14試合で打率・333、4本塁打、13打点と苦しめられていたが、ニールの「残像」を生かし、3戦で11打数無安打、7三振。前日の第2打席から6打数連続三振と打線を分断し、今季初の同一カード3連戦3連勝につなげた。

 辻監督は「一番怖いバッター。(前カードの)仙台でも凄く調子が良さそうで、これは大変だなと思っていたが、見事に抑えました」と投手陣を称えた。かつての自軍の主砲に仕事をさせず、10日ぶりに4位浮上。ジワリジワリと上位との差を詰める。(花里 雄太)

 ▼楽天・三木監督(4三振の浅村について)助けてもらった試合がいっぱいある。あさって(次戦)から、しっかりやってくれると思う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月28日のニュース