慶大 慶応高出身コンビが活躍!渡部淳リーグ戦初登板初勝利、広瀬は2戦連発

[ 2020年9月28日 05:30 ]

東京六大学野球・第2週第2日   慶大8―3東大 ( 2020年9月27日    神宮 )

<東大・慶大>6回から3番手として登板し、2回を無失点に抑えた慶大・渡部淳(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 2回戦2試合が行われ、明大と慶大が連勝した。慶大は3番手の渡部淳一投手(2年)がリーグ戦初登板で2回を完全救援でリーグ戦初勝利を挙げた。2回戦総当たりの今季は勝ち1、引き分け0・5のポイント制で争われる。

 慶大は慶応高出身コンビが投打で活躍し連勝に導いた。1点差とされた6回から登板した左腕・渡部淳が嫌な流れを断ち切る2回完全の好投でリーグ戦初登板初勝利。「思い切り腕を振れた」と納得の表情を浮かべた。7回には1年後輩の1年生・広瀬が左越えへ2戦連発の2ラン。高校通算41発を誇る幼稚舎出身の生粋の慶応ボーイは「自分の一打で流れを引き寄せたかった」。堀井哲也監督も「今一番頼りになる」と称えた。

 ▼東大・石元(5回、1点差に迫る中前2点打)春の開幕に比べて慶大は振れていた。今はやれることを徹底してやる。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月28日のニュース