西武 打線の組み替え奏功!4人が今季初打順 10安打で6得点

[ 2020年9月28日 05:30 ]

パ・リーグ   西武6-2楽天 ( 2020年9月27日    メットライフD )

<西・楽>初回2死満塁、先制の左前適時打を放つ外崎(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武は打線の組み替えも奏功した。2番・スパンジェンバーグ、3番・メヒア、5番・山川、6番・外崎の4人が今季初めての打順で臨み、10安打で6得点を奪った。

 初回に先制打を放った外崎は、前日の最終打席で7試合31打席ぶりの安打を放っており「今日の1打席目は気分良く入れたように思います。打てて良かったです」。2回に2点打を放ったメヒアは「あのタイムリーが一番大きかった」と辻監督を喜ばせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月28日のニュース