明大・西城 緊急登板でリーグ戦初勝利「“もらった”1勝。ありがたい」

[ 2020年9月28日 05:30 ]

東京六大学野球・第2週第2日   明大9―3立大 ( 2020年9月27日    神宮 )

<明大・立大>2番手として登板し、2回1失点の投球を見せた明大・西城(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 東京六大学野球は2回戦2試合が行われ、明大と慶大が連勝した。明大は立大に逆転勝ち。5回途中から緊急登板した右腕・西城愁太投手(3年)が後続を断ち、2回0/3を1失点でリーグ戦初勝利。2・5ポイントで単独首位に立った。2回戦総当たりの今季は勝ち1、引き分け0・5のポイント制で争われる。

 明大はアクシデントを乗り越えた。5回に先発の高橋が右手に打球を受けて降板。無死一、二塁から緊急登板した西城が2回0/3を1失点に抑えた。リーグ戦初勝利に「とにかく低めを意識した。結果的にみんなでつないで“もらった”1勝。ありがたい」と仲間に感謝した。4回には代打・村松が左越えへ勝ち越しの適時二塁打。冷静な遊撃守備でももり立てた。田中武宏監督は「落ち着いてよくやった」とねぎらった。

 ▼立大・溝口智成監督 投手陣を含めたディフェンス面をしっかり準備したい。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2020年9月28日のニュース