ロッテ・美馬 チームトップの8勝目!「援護率」はリーグ先発陣トップ

[ 2020年9月28日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ8―4ソフトバンク ( 2020年9月27日    ZOZOマリン )

<ロ・ソ>益田(左)からウイニングボールを受け取りおどける美馬(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 ロッテの美馬がチームトップの8勝目を挙げた。初回を3者凡退で立ち上がると、味方打線が4得点。5回7安打4失点で降板するまでに8点の援護を受けた。

 右腕は「たくさん点を取ってもらったのに中盤にかけて流れを悪くしてしまい申し訳ない」と納得していないが、8勝はリーグトップの楽天・涌井に1勝差と迫る2位。登板時に9回換算でどれくらい味方打線が点を取っているかの指標となる「援護率」は7・45と、涌井(7・04)を抜いてリーグの先発投手の中でトップ。援護を引き出すのも、またベテランの存在感があってこそだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月28日のニュース