12日のセパCS第4戦は中止、順延 台風19号影響で スポーツイベント中止相次ぐ

[ 2019年10月10日 22:28 ]

クライマックスシリーズ セ・リーグファイナルステージの会場、東京ドーム
Photo By スポニチ

 大型の台風19号が12日から関東地方に接近する恐れがあるため、プロ野球クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージを本拠開催する巨人と西武は、それぞれ12日の第4戦「巨人―阪神」(東京ドーム)、第4戦「西武―ソフトバンク」(メットライフドーム)の中止・順延を発表した。

 「巨人―阪神」第4戦は13日に順延となり、以降の試合も順次繰り下げて開催する予定。12日のチケットは順延となる13日の試合で有効、以降の第5戦、第6戦のチケットも順次繰り下げとなる。

 13日の「西武―ソフトバンク」は公共交通機関の復旧の遅れが予想されるため、午後1時開始から1時間繰り下げ午後2時からに変更。12日のチケットは払い戻し、振替試合は15日に開催。チケットは13日にファンクラブWeb先行販売、14日に一般販売する。

 ラグビーW杯は12日に予定されていた1次リーグB組のニュージーランド―イタリア(午後1時45分開始、豊田スタジアム)、C組のイングランド―フランス(同5時15分開始予定、日産スタジアム)の2試合中止が決定。JリーグのJ2、J3計6試合の中止も決まっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月10日のニュース