ソフトB・高谷、負傷交代のアクシデント 飛球追って棚に激突、あごから流血

[ 2019年10月10日 19:57 ]

パ・リーグCSファイナルステージ第3戦   西武―ソフトバンク ( 2019年10月10日    メットライフD )

<西・ソ>4回2死一塁、メヒアの飛球を追った高谷は棚の角にあごを打ち付け負傷交代(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 スタメン出場した高谷が負傷退場した。

 4回2死一塁でメヒアのファウルフライを追った際に、一塁ベンチ横の棚に激突。あごの右側を切り、タオルで流血した部分を押さえられたままベンチに退いた。

 治療をしたものの、そのまま甲斐と交代した。

 高谷は2回1死一塁で左前打。3回2死一塁でも右中間に適時二塁打を放つなど、2安打1打点でバットでも貢献していた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月10日のニュース